BMWのフロントグリル

BMWのフロントグリルの変遷について、分かりやすい動画がありましたので紹介します。

BMWがこの形を採用したのは1932年、「303」を発表してからですからもう80年以上。このデザインはキドニーグリルと言われています。
キドニー(kidney)とは腎臓のことで、確かに左右対称であるところは腎臓、と言われればそうかもしれません。

その昔、スーパーカーブームがあった頃、子供たちは2002ターボを指差して「豚の鼻」と呼んでいましたが、なんと失礼なことだったでしょうか。

当時はカウンタックやポルシェ911、フェラーリディノなど人気車が多かったので、あの四角いボディーにあのフロントデザインは少し残念だったのかもしれませんが、今思えばなかなか個性的な顔だったように思います。

BMW303
https://de.wikipedia.org/wiki/BMW_303

BMW2002
http://car.astroawani.com/detail/legends-and-legacies-bmw-2002-turbo-52641


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA